建物の調査又は鑑定


生活の礎となる土地・建物。時には思いもよらぬ不具合など、トラブルを抱えてしまうことも
 あります。かし担保責任の履行に疑問や問題がある場合には、建物や敷地の様々な状況を調査
 し、ご依頼の資料・図面・報告書等を作成しサポートいたします。


住宅の瑕疵
  2000年4月1日より品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)が施行され、住宅供給者は「構造耐力上主要
 な部分」および「雨水の浸入を防止する部分」について、10年間の瑕疵担保責任を負うことが義務づけられました。
 その後、住宅供給者が瑕疵担保責任を確実に履行するため、住宅瑕疵担保履行法が施行されました。
 具体的には、住宅供給者は瑕疵保険に加入するか保証金の供託をしなければなりません。これにより、住宅供給者に
 よって様々であった履行能力が、一定以上の水準となりました。
  上記のように、消費者が安心して良質な住宅を取得でき、かつ万が一瑕疵が見つかった場合でも確実に補償できる
 ように、法律と市場の整備が着々と行われてきました。

瑕疵の調査
  住宅を新築され不具合が出てきた場合、ほとんどがアフターサービスで対応してもらえるはずです。
 しかし、なかには「構造耐力上主要な部分」や「雨水の浸入を防止する部分」の瑕疵が表れてくることがあります。
 外観はきれいに仕上がっているのに雨漏りが止まらなかったり、基礎や内壁に複数のひび割れが生じてきたりなど
 構造や施工方法に問題があり、仕上材の手直しだけでは解決できない場合には補修費用も大きくなってしまいます。
 もちろん、そのような時には瑕疵保険での対応も検討されますが、請負業者と保険法人が建物の瑕疵の状況をつぶさ
 に調べてくれるわけではなく、納得のいかない回答となることもあります。
  そのように、瑕疵担保責任の履行に問題があり紛争となった場合には、瑕疵の調査と報告書が必要になります。

 ●調査の内容
   1.構造耐力上主要な部分の瑕疵
      不同沈下、基礎・外壁・内壁のひび割れ、構造部材の瑕疵など。
   2.雨水の浸入を防止する部分の瑕疵
      屋根・外壁からの雨漏り、バルコニーの防水不具合など。
   3.設計施工基準に反した瑕疵
      外壁通気工法や換気などの、各種基準に適合していない瑕疵。
   4.その他の瑕疵
      契約した工事内容と異なる、不具合を補修してくれない等。







  部分的なインスペクション


現在お住まいの住宅等で気になる箇所や不具合が見つかった時など、既存住宅状況調査の調査項目すべては必要ないが
 「気になる部分を調査したい」、そのような場合に下記の調査のみを行うことができます。

 ■高所カメラによる屋根等の調査
  室内の雨漏りに気付いて屋根や外壁の状況を知りたい、台風のあと屋根は大丈夫だろうか、遠くから屋根を見ると
  不具合があるように見える等の場合に、屋根や外壁・内部の雨漏り状況の調査を行います。

 ■建物傾斜・不同沈下の調査
  建具の閉まりが悪くなった、床に置いたボールが転がる、基礎や犬走り付近のコンクリートにひび割れや隙間が
  目立ってきた等の場合に、居室の床・柱・内壁の傾斜測定と不同沈下調査を行います。







詳細は、お電話またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。